読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

シマウマの自由帳

まっしろな「じゆうちょう」にしましまを。日常系ごちゃまぜブログ。

ピカチュウ大量発生チュウ!2016に行ってきたのでシークレットピカチュウ大行進やグリーティングについての情報をまとめます

ピカチュウ

ピッピカチュウ!横浜みなとみらいで開催中の「ピカチュウ大量発生チュウ!」という大きなピカチュウイベントに行ってきました。その様子と、公式には詳しい情報が書かれていないクイーンズスクエア横浜での「ピカチュウ大行進」やマークイズでのグリーティングについて情報をまとめます。

続きを読む

「ピカチュウ大量発生チュウ!」が今年もやってくるー!2016年の情報を去年の情報と合わせて解説

ピカチュウ

夏だ!お盆だ!といえば、ピカチュウ!!という恒例ピカチュウシーズンが今年もやってきます。今年で3回めになる横浜みなとみらいで開催される「ピカチュウ大量発生チュウ!」についての情報を去年の違いとまとめていきたいと思います!

続きを読む

うっかり涙が出そうになる、ポケモンGOに対する寺社仏閣の清く正しく優しい発言・張り紙まとめ

スマホゲーム

ポケモンGOですか?もちろんポケモンGOです!ゆとり世代の我々にとってポケモンは大切な大切な友達です。だからポケモンGOがリリースされて盛り上がると同時に出てきた批判みたいなものが辛かった。そして、そんな中、簡単に「ポケモン禁止」とペラ一枚貼るんじゃなくて思慮に富んだ寺社仏閣さんの優しいお言葉がTLに流れてくるたびウルウルしてしまいました。

続きを読む

読書感想文「つくること、つくらないこと」街や村やコミュニティや住まいや景色を創ることってどういうことだろうか

2016本1冊映画1本/月 本レビュー

月の読書報告です。目標の達成が、年半分にして相当危ぶまれています。

(まだアウトじゃないと信じている)

つくること、つくらないこと: 町を面白くする11人の会話

今回読んだのはこちら。

つくること、つくらないこと: 町を面白くする11人の会話
太田浩史 廣瀬俊介 鷲田清一 ナガオカケンメイ 鈴木毅 馬場正尊 西村佳哲 芹沢高志 広井良典
学芸出版社
売り上げランキング: 104,476

最近、地域の空き家再生的なプロジェクトをやっていて、それでなにかヒントになるかなと思ってチョイスしました。

概要

この本は先に紹介した2人の長谷川さん(つくるひと)と山崎さん(つくらないひと)が、気になる人と鼎談するというもの。

鼎談するもう1人の方は、だったりだったり、いろいろです。

長谷川浩己さんとは

ランドスケープアーキテクト。建物の外側のデザインをする人です。遊歩道とか、散策路とか、何棟も並ぶマンションの間とか。

ホームページを眺めると、主張しすぎず、周辺の文脈を読んだような馴染んだデザインが居心地良さそうです。

教授を務める武蔵野美術大学のページを見ると、その考え方についてこのように書かれています。

私たちは風景を造り出すことは出来ません。それは既に‘在る’からです。
ただ、ほんの小さな関与でさえも、巨大な風景を変えていくことは
可能だと思っています。

武蔵野美術大学 建築学科

山崎亮さんとは

長谷川さんと同じくランドスケープアーキテクトのお仕事をした後、現在は「コミュニティデザイナー」を名乗っています。

コミュニティデザイナーとは、建物や遊歩道といった形あるものをデザインし作るのではなく、「人と人とがつながる仕組みをデザインする」。

その転身の経緯についてウェブメディアのインタビューでこう答えています。

使う人を考えてソフト面の仕組みをデザインしないと、ハードはなかなか持続的に活性しないんです。ハードをつくっただけで人が集まるわけではないし、公園ができてすぐに「ここで何かやります」と手を挙げるプレーヤーが出てくるわけでもありません。せっかくできた公園を、地域の人たちと一緒に楽しい場所としてつくれないか――。

山崎亮が語るコミュニティーデザインという仕事。

そんな二人と、様々な立場の「つくる人」「つくらない人」が鼎談していく

そもそも長谷川さんと山崎さんも似ているようで違うところにいる2人だけど、同じようなことを考えていたりする。

同じように鼎談する方も、分野ややっていることが違っても、同じようなことを考えている。

ランドスケープや地域づくりといった分野に興味がなくても、それを抜きにしても、そういった分野の表層ではなくて根幹としてのスタイルや生き方、やり方について学ぶところがあった気がする。

つくること、つくらないこと

題名にもなっているこのことは、この本を貫いています。

何かしらの物を作ることは、ほんとうに「つくること」なのか。逆に作ることで、資源を失ったり、手に入れられないという不足感が生まれているのではないか。

物を作らず、関係性や歴史を見直すとかそういう「つくらないこと」で「つくれる」ものがあるんじゃないのか。

今の時代、みんな多かれ少なかれこのことに気づいていますよね。

じゃあ、そのあとで自分はどうしていくべきなのか。

鼎談形式だからこそ、山崎さんと長谷川さんの少し難しいような話もわかりやすく、すーっと頭に入ってきます。

2人もまだ、迷いがある気がしました。もう何年も前の本だから今はわからないけど。 

今更だけど「マッドマックス 怒りのデス・ロード」見たら、世界観が面白かった

映画レビュー 2016本1冊映画1本/月

 2016年GWの成果(2)ですが、映画を見ました。

 MAD MAX!!

f:id:yokoshimauma:20160507182306p:plain

Amazon.co.jp: マッドマックス 怒りのデス・ロード(字幕版): トム・ハーディー, シャーリーズ・セロン, ニコラス・ホルト, ヒュー・キース・バーン: genericから引用、デス・ロードバトルの場面

 

 なんかTwitterとかで話題になってて、面白いって言ってる人をたくさん見かけたし、何なら「3回目これから見てくる!」ってくらいハマってる人も見かけてたので、名前だけはよく知ってました。

 でも日頃滅多に映画館も行かないし、洋画もあんまり見ないしで「ふーん」で済ましてて・・・。

 そんな時に便利なAmazon ビデオ!

 「マッドマックス 怒りのデス・ロード」のエアレンタル(何て言うの?ストリーミング再生できるウェブ上でのレンタル)が399円 / 48時間だったので気軽に見てみました。

 以下若干のネタバレになりますので、これから見ようと思ってる方は是非読まずに見てください!(わたしは事前情報なく見るのが好き!)

マッドマックス 怒りのデス・ロード」とは

マッドマックス 怒りのデス・ロード(字幕版)
(2015-10-21)
売り上げランキング: 141

概要

 2015年公開のオーストラリアの映画作品。警官マックスを主人公とする「マッドマックス」シリーズの27年ぶりの最新作。

監督:ジョージ・ミラー

主演:トム・ハーディー, シャーリーズ・セロン

日本公開:2015年6月20日

再生時間: 2時間3分

あらすじ

 水やガソリンが枯渇し、全土が砂漠になりつつあるいつかの地球上で流浪人のマックスだが、ある日地域を支配する独裁者のイモータン・ジョーの奴隷たちに捕まってしまう。

 同じように虐げられていた美女たちと一緒に「緑の地」を目指して脱走し、奴隷やイモータン・ジョーたちの追っ手との”デス・ロード”を繰り広げつつ命からがら逃げ延びるが・・・。。。。

イモータン・ジョー独裁政権のユニークな世界観がすごい

f:id:yokoshimauma:20160507182301p:plain

Amazon.co.jp: マッドマックス 怒りのデス・ロード(字幕版): トム・ハーディー, シャーリーズ・セロン, ニコラス・ホルト, ヒュー・キース・バーン: genericから引用、ウォー・ボーイと呼ばれる白塗りしてる奴隷の少年たち

 わたし、そこそこ、「世界の終わり」的なSFが好きなんですけど、これはかなりキテルパターンの、面白い「世界の終わり」ビジョンでしたね。面白い。

 独裁政権の城は岩を改造してその中に快適に住めるような家とかを作ってあって、通称「砦」というのだけど、イモータンが水源を独占している。だから民はイモータンを崇めてて、たくさんいる奴隷の方が地位が高いっぽい。

 まあそこまでなら「ありそう」だが、そこからの作り込みが面白くて、奴隷たちは病気の予防か乾燥の予防かわからないけど全身白塗りだったり、「砦」の上へ行くためのエレベーターを奴隷の足で動かしてたり(電気がない)、観覧車的な大規模水耕栽培とか、戦う時の戦車は全て現代の車のリメイクで暴走族みたいな改造車になってるとか。

f:id:yokoshimauma:20160507190815p:plain

Amazon.co.jp: マッドマックス 怒りのデス・ロード(字幕版): トム・ハーディー, シャーリーズ・セロン, ニコラス・ホルト, ヒュー・キース・バーン: genericから引用、砦の独裁者、イモータン・ジョー

 特に面白いなと思ったのは、奴隷は自爆テロとかで死ぬのを「英雄的行為で生まれ変われる」と信仰させられてて、いざ自爆しようって時に携帯してる銀色のスプレーで歯と口の周りを銀色に塗って、確か「輝く!」的なことを言ってから行くってとこ。ありえない!って感じだけど、もしかしたらありえるかもって言うギリギリのレベル。

 全部なんかちょっと馬鹿っぽいというか、滑稽というか、本人たちはすごく真面目なんだけどはたから見てるコッチからすると「面白い」ことばかりで。

 でもそれって裏返したらお互い様で、誰かからしたら自分たちが真面目に信じていることややっていることが誰かから見たら馬鹿っぽい、ということがあって、それって悪いことじゃなくて、それこそが世の中って面白いよねっていうことを考えました。

 この映画のそういうところが特に長々しい説明がなく「当たり前のこと」として描かれているのもまた面白いところかもしれないです。

デス・ロードは面白半分、痛々しい半分・・・

 退屈に思う瞬間なんて1秒1コンマもなくて、すごく引き込まれてしまって、2時間があっという間でした。上記のユニークな面白さ、興味深さに加えてのドキドキ・ハラハラで。

 でも、真剣に見てる分、誰かが怪我したり死んだりしたらかなり痛々しい気分になりました。自動車事故コワイヨー!

こんな大迫力、映画館で見ておけばよかったかも

 結論としてはこれですね。家のテレビで見るのはちょっと勿体無い感じがしました。映画館の大ビジョンで、デス・ロードの迫力や砦の世界観を見たかったかも。

前日譚のコミックが気になる

 調べてたら、この映画の前日譚的エピソードを監督らが執筆してコミカライズしたコミックが発売されているようです。これを読めば砦やイモータンのあたりの設定も詳しくわかるそう。

 欲しいけど日本語版3000円超え。英語なら半額だから、勉強兼ねて英語で買うか、諦めて日本語で買うか、めっちゃ迷うー!

Mad Max: Fury Road
Mad Max: Fury Road
posted with amazlet at 16.05.07
George Miller
Vertigo (2015-09-08)
売り上げランキング: 8,328

 映画見るの楽しくなってきました。次はあんまり疲れないやつがいいなーw

 <はてなブログ 今週のお題ゴールデンウィーク2016」>