読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

シマウマの自由帳

まっしろな「じゆうちょう」にしましまを。日常系ごちゃまぜブログ。

アニメ映画「パプリカ」見てみたけど意味がわからなすぎて泣きそう

 映画レビューをアップしていたところ、アニメ映画「パプリカ」をオススメしてもらいました。毎月何の映画を見るか困ってるので、これ幸いと早速見ました。

い、意味がわからない・・・・・・っ!

 いやめっちゃ意味わかんない・・・こんな意味わかんないことがあっていいんですか・・・?

 (もうそれ以外のコメントのしようがない)

「パプリカ」とは

ti 237 アニメ映画チラシ「今 敏 パプリカ 」,

概要

出演: 古谷徹, 林原めぐみ

監督: 今敏

発売日 2007/05/23

時間: 90 分

原作は筒井康隆による同名の長編SF小説

あらすじ

 あっちゃんは精神科の病院のスタッフで、そこの研究所の時田君が発明した他人の夢に入り込めるデバイスで、パプリカちゃんという偽名を使って患者の夢を分析して治療している。

 でもある時そのデバイスが盗まれちゃって、みんなの夢が大混線!?

 挙げ句の果てには夢が現実になっちゃって、ありえない大きさの日本人形やら何やらによって街が破壊されちゃって、どうするあっちゃん!?どうするパプリカちゃん!?

意味がわからない(大事なことなので4回目)

 もう、ストーリーもわかんないし、テクノロジーもわかんないし、主人公の思ってることもわかんないし、それぞれが何を表してるのかもわかんないし、夢なのか現実なのかもわかんない。あと主人公の男の趣味もわかんない。

 いや、ある意味、わかります。あれでしょ?わからないことが売りなんでしょ?

 現代アートみたいなものでしょ?

 ストレートに分かるようにわざわざ説明しませんよ、こちらの意図は言いませんっていうかむしろ意図してないことも沢山あります、観客さんがそれぞれ思い思いに感じてください。

 そういうことでしょ?

意味がわからない(10回目)

 何が何なのか言ってくれよおおおおおオオオオオオオ!!!

 確かに、「ほら、ここ泣くところだよ、感動したでしょ?」ってやつは嫌いです。分かる。

 でもじゃあ、それに対する答えが「120%何も理解されなくていい」。って、それはどうなんですか。

 もはや「理解しようとしたこと」を後悔させられた。それが夢なのか現実なのか、誰が何を考えているのか、それは何かの伏線なのか、何かを象徴してるのか、とかとかとかとか、見つけよう考えようと必死になってたのに、全部わけわからないまま終わった。

人生なんて意味がわからないことばかりないのかもしれない

 っていうことを悟らせてくれてるんでしょうか。。。

もう、そういうの、イイです

 今が2016年で、この作品が2006年。ちょうど10年前はこの理解されないスタイルが先端だったのかもしれない。

 でも今、一周回って、宮崎駿カリオストロの城みたいな教科書的なやつの良さがよく分かる。わかる人にしかわからない伏線よりみんなに分かる伏線。すっきり明るく終わってくれることがどれだけ心救われるか。

 心に重みを残される作品ばっかりで疲れてるのかもしれない。。。

パプリカちゃんみたいな女の子になりたい

 はい、意味がわからなかった話はここまでにして。

 パプリカちゃん可愛かったなー。私もパプリカちゃんみたいな女の子になりたい。逆に言えば本質は「あっちゃん」なのかもしれないけど。

 身軽で、無邪気で、可愛くて、でも察しが良くて、実力がある。イイ!

 「あっちゃん」のなりたかった姿だよね。分かるよあっちゃん。

 でもあっちゃんの男の趣味は理解しないからね!どこがいいんじゃい!

 日本中にその点においてあっちゃんに共感する女子がいるんだろうか!?

 あ、それまた理解されないスタイル貫いてるのか、なるほどな!?

以上。

 いろいろ書いたけど、むしろこれだけ突き抜けたものを作れることはすごいことだと思います。尊敬。あー、あの夢のパレードが夢に出てきそう。おやすみなさい。

パプリカ [DVD]
パプリカ [DVD]
posted with amazlet at 16.04.18
ソニー・ピクチャーズエンタテインメント (2007-05-23)
売り上げランキング: 5,079